#DanceWithEuro

ユーロビートについてや、思ったこと・感じたことなどをつらつらと。

ユーロビートへ、つながったきっかけとは? #2 (ユーロビート)

  こんにちは。

 

今回は、以下の続編を綴っていこうと思います。

 

onevia.hatenablog.com

 

前回は、主に「ユーロビートを知るシーンなどについて、”時代の変遷”に注目して考察」してみました。

時代が進むにつれて、メディアから発信される情報やその量が大きく変化しました。そして、その情報を受け取る側も、スマートフォンなどの高性能情報機器の普及により、簡単にそれら情報を閲覧・共有できる世の中へと変わってきました。

続きを読む

ユーロビートへ、つながったきっかけとは? (ユーロビート)

こんにちは。

 

今日はユーロビートへ興味を持つきっかけとは何かを、独自に考察しようと思います。

考察対象の期間としましては、1990年代後半〜現在までです。

 

まず、ユーロビートを聴くタイミングがどこにあるかという点に注目します。

どこかで聴いたことがなければ、興味を持つこともない訳ですしね。

聴くタイミングとしまして、どんなシーンがあるかに分けて考察してみます。

続きを読む

(番外編)憎いほどにあのお肉が好き

今週のお題「肉」

叙々苑

(Photo by Kanesue)

 

こんにちは。

また面白そうなお題を見かけましたので、早速書き連ねていこうと思います。

 

お肉といえば、鶏・豚・牛と3種がオーソドックスですね。

唐揚げ、とんかつ、ステーキなど想像するだけでお腹が減ってきてしまいます。

私は特に、にんにくなどでがつんと味付けされたタイプの唐揚げが好みでして、これさえあれば、白米を延々と食べられる自信があります。

続きを読む

Money Go! (ユーロビート)

こんにちは。

 

ここ最近取り上げているユーロビートは、割としっとりした雰囲気のものが多かったので、今日は嗜好を変えて以下の1曲をピックアップしてみます。

 

「Money Go! / MARKO POLO

収録CD:

 ・SUPER EUROBEAT VOL. 64

 他

 

 

こちらのユーロビートは、かなりイケイケな類の曲と感じます。

イントロこそ静かですが、その後の強烈なリフ・メロディーには初めて聴いたとき驚かされました。そして何より、この曲は上記VOL.ナンバーの1曲目です。最初からガンガンに攻めてきています。

続きを読む

Spring Time (ユーロビート)

こんにちは。

 

今は夏と秋の切り替わりといった気候でしょうか。早く安定した秋の気候が訪れて、悠々自適に過ごしたいものですね。

 

今日はまったりと、でも切なさもあるこちらの1曲を取り上げてみます。

 

「Spring Time / Norma Sheffield」

収録CD:

 ・SUPER EUROBEAT VOL. 95

 他

 

 

こちらのユーロビートは、哀愁系ボーカルとしてその名が高いNorma Sheffieldの歌う、切ない雰囲気の曲です。

続きを読む

(番外編)紅茶について

今週のお題「好きなお茶」

 

こんにちは。

はてなブログさんならではの面白そうな企画、私も着手してみようと思います。

 

私は、お茶といえば緑茶なども飲みますが、好んで飲むのは「紅茶」が多いです。

と言いましても、「あの専門店でこの茶葉を購入して・・・」というような、高等な趣味・技術は持ち合わせておらず。

基本的には、”ペットボトル”か”紙パック”の既製品をよく購入します。

続きを読む

Never Can Be The Same (ユーロビート)

こんにちは。

 

今日は、この1曲に注目してみます。

 

「Never Can Be The Same / Lolita

収録CD:

 ・SUPER EUROBEAT VOL.95

  他

 

この「Never Can Be The Same」は、以前ご紹介しましたLolitaが歌う「Try Me」とは少しメロディーの流れが異なると感じられます。

続きを読む